看護師でブランクがあっても転職扱いになる?

看護師の職は、時間的にも肉体的にも非常に厳しいといわれているので、多くの人は、結婚や出産、子育てを機に、一時的に退職するのだそうです。しかしその後、子どもがある程度大きくなったとき、せっかく手に入れた看護師の資格を生かそうと、再び現場への復帰を望む人もまた多いと言われています。

この場合、看護師として働いていない期間が数年はあいているわけですから、いわゆる「ブランク」がある状態になりますよね。このときの就職活動は、転職というよりは、復職という呼び名がただしくなります。ブランクがある看護師がしっかりと復職支援があるところがいいかもしれませんね。

看護師は復職をするときには好条件の求人が見つかりにくい特徴があるんですね。そのため、転職サイトなどの非公開の求人を探すと良い条件の求人が見つけりやすくなります。ブランクがあっても良い病院や老人ホームなど幅広い転職先は見つかります!