看護師って長期の休暇は取れないの?

看護師の人はとても忙しそうに見えますよね。実際に私が知っている看護師の方も日々忙しい毎日を送っています。みていると、あまり看護師は長期休暇をとっているように見えません。さて、それでは、看護師は長期休暇をとることが出来ないのでしょうか?

それは勤務先によっても違うと思います。少人数でやっている個人病院などだと有給があっても「周りに迷惑をかける訳には・・・」と消化しづらいものです。大規模な病院なら一人ひとり代わる代わるに消化していくことができるんですけどね。

小さい病院だと病院の長期の休暇に合わせて休暇を考えるという看護師さんが非常に多いそんな感じですね。看護師の仕事は多岐にわたるのでなかなか引き継ぎや看護師の少ない病院では非常に難しいのが現状のようなんです。そのため、就職を考えるときにはそのあたりも考慮しましょう!

看護師は血管確保行っていますか?

看護師って診療科によって覚えなければならない仕事や、身につけなければならない技術が違ってくるといわれています。そのため仕事を覚えたり、技術を身につけるのが大変で、多くの新人看護師は就職してからかなり苦労するそうです。

そんなたくさんの仕事をこなす看護師ですが、看護師も血管確保を行うことがあるのでしょうか。調べてみると看護師が血管確保も行うことはあるようです。ただこの血管確保はかなり難しいらしく、新人の看護師が上達するためにはたくさんの経験を必要とし、なかなか上手くなれないと悩むことが多いそうです。

それでも、看護師の実力を上げるためにもしっかりと対策を行うのはとても重要なことなんですね。看護師の実力は病院によっても大きく変わってくるので自分のスキルを上げたいと考えている看護師はそのあたりを参考にしながら選ぶのがじゅうようです。

看護師からの助産師!

助産師という仕事は、妊娠している女性のメンタル、フィジカル、両方におけるケアを主とする需要の多い仕事ですし、何より、看護師の資格をもっていると助産師の資格も取得しやすいというメリットがあります。ストレートに助産師を目指している人は、四年制の看護大学で助産教育を受けて助産師になるのが普通ですが、いったん看護師の資格をとって看護師として働いた後なら、二年間の助産師学校に通って助産師の資格をとるのが一般的です。

ただしフルタイムで学校に通い、厳しい実技演習をうけなければなりませんから、看護師として働きながら助産師を目指すというのはまず難しいです。看護師の職をやめて、助産師学校に入りなおして勉強しなおすつもりでいなければなりません。

看護師の仕事を辞めて実際に実際に出産を経験すると自分で助産師をしてみたいと感じる看護師の方も非常に増えてくるようなんですね。看護師の仕事をしていくうえでもかなりの経験になるので助産師を目指すのもいいのかなと思います。