助産師になるには

助産師になるには、まず、助産師国家試験を受けなければなりません。そして、その受験資格を得るには、看護師国家試験受験資格を取得した後、1年以上必要な学科を修めなければなりません。助産師になるには、色々な教育課程があります。2年間で学ぶ大学院、1年間で学ぶ専攻科、大学別科、専修学校などがあり、大学4年間の中で助産コースを選択して助産師の資格を取るという方法もあります。

助産師として活動するには、助産師国家試験に合格し、その後、厚生労働大臣の免許を取得する必要があります。助産師国家試験を受けるには、看護師国家試験に合格し、かつ、文部科学大臣の指定した学校で6か月以上助産に関する学科を修めないといけません。また、求人を探すときには看護師求人でよく見るハローワークの求人情報を参考にするのもお勧めです!

助産師になるには、助産師国家試験に合格することが必須ですが、助産師の試験は、看護師資格を取得していないと受けられません。そのため、看護専門学校もしくは看護系の短大を卒業して、まず、看護師国家試験に合格する必要があります。そして、看護師の資格を取得後、指定されている助産師養成校で一年以上、助産師について必要な知識を学ばないといけません。

そして臨床実習で実践的な技術を身につけてはじめて、助産師国家試験の受験資格が与えられるわけです。

看護学校の臨地実習とはなんですか? 

看護師になるためには専門の学校に入学するのですが、その教育課程の中で臨地実習というものが存在します。この臨地実習について説明していきたいと思います。臨地実習とは名前の通り、学外にある大学の附属病院やその他の様々な医療・保健に関連した施設で行う実習のことを指します。

教師の実習と同じような感じと例えればイメージがつきやすいでしょうか。看護師の専門学校に入学することによって生徒は様々な知識を身につけます。臨地実習は言わば身に付けたそれらを実際に体験することによってしっかり習得することが目的となっています。

具体的な内容としては患者さんを1人1名受け持ちます。

そこでは実際に病院に勤務を始めたときにしっかりと対応ができるように看護学校の段階からしっかりと準備を進めておくんですね。看護師の世界に入って知識はあるけど何もできませんじゃ意味がないのでそのために実習はきちんと行われていきます。