看護師でブランクがあっても転職扱いになる?

看護師の職は、時間的にも肉体的にも非常に厳しいといわれているので、多くの人は、結婚や出産、子育てを機に、一時的に退職するのだそうです。しかしその後、子どもがある程度大きくなったとき、せっかく手に入れた看護師の資格を生かそうと、再び現場への復帰を望む人もまた多いと言われています。

この場合、看護師として働いていない期間が数年はあいているわけですから、いわゆる「ブランク」がある状態になりますよね。このときの就職活動は、転職というよりは、復職という呼び名がただしくなります。ブランクがある看護師がしっかりと復職支援があるところがいいかもしれませんね。

看護師は復職をするときには好条件の求人が見つかりにくい特徴があるんですね。そのため、転職サイトなどの非公開の求人を探すと良い条件の求人が見つけりやすくなります。ブランクがあっても良い病院や老人ホームなど幅広い転職先は見つかります!

看護師とは医師の指示の下でしか動けないのですか?

看護師と医者との関係を考える時に、看護師とは医師の指示の下でしか動けない。こういったことが一般的に語られています。しかし、実際に看護師を志すという段階になると本当に看護師とは医師の指示の下でしか動けないのですか?このような疑問が出てきます。

これに関して誤解のないように説明すると、これは一般的な医療行為のことをさしていいます。注射等の医療行為はもちろん医師の指導のもとに行いますが、看護師といえど昨今は認定看護師や専門看護師という方々が多く輩出されていて、独自に看護計画をたてたりするということが普通に行われています。

看護師と医師ができる行為には差があるので看護師の独断ではできないことはいろいろあるのも間違いいありません。それは医師が高度が勉強を通じて処置を行えるレベルに達しているために医師の資格を得ているわけなのですね。そのあたりの線引きが重要です!