看護師は結婚後も夜勤ありの常勤は可能?

看護師の中には、結婚後も引き続き看護師の仕事を続けたい人がたくさんいます。中には、常勤として続けていきたい人も多くいて、結婚後、積極的に夜勤をしたいと望む人がいます。夜勤なら収入アップにつながり、家計を助けることができます。 😕

しかし、結婚後の夜勤常勤となると、大変な感じがします。もちろん、病院側としては問題なく、結婚後でも夜勤ありの常勤は可能です。主婦と母親をしながら常勤で夜勤をしている人は現実に少なからずいます。しかし、好条件の看護師求人などはを考えると、結婚後も、夜勤ありの常勤で働く時は、家族とよく相談しなければなりません。

やはり、結婚後も働いていきたいという方も多いのですが、子供が妊娠してしまった場合にはこのような不規則な生活はできなくなってしまうので、そのため家族でしっかりと相談したうえで限定的な時期稼ぐことを考えるために働くのならおすすめです!

看護師でブランクがあっても転職扱いになる?

看護師の職は、時間的にも肉体的にも非常に厳しいといわれているので、多くの人は、結婚や出産、子育てを機に、一時的に退職するのだそうです。しかしその後、子どもがある程度大きくなったとき、せっかく手に入れた看護師の資格を生かそうと、再び現場への復帰を望む人もまた多いと言われています。

この場合、看護師として働いていない期間が数年はあいているわけですから、いわゆる「ブランク」がある状態になりますよね。このときの就職活動は、転職というよりは、復職という呼び名がただしくなります。ブランクがある看護師がしっかりと復職支援があるところがいいかもしれませんね。

看護師は復職をするときには好条件の求人が見つかりにくい特徴があるんですね。そのため、転職サイトなどの非公開の求人を探すと良い条件の求人が見つけりやすくなります。ブランクがあっても良い病院や老人ホームなど幅広い転職先は見つかります!