男の看護師って仕事的に損?

看護師は女性、というイメージは強いですよね。しかし近年は、男性看護師も増えています。女社会の中でそれってどうなの?と思うのは当然でしょう。看護師の男性が、仕事的にやってられない、損をしていると感じるケースも少なからずあります。

たとえば、力仕事は大抵が男性看護師に回ってくることです。女性看護師からしたら、「力仕事は男の仕事」という意見です。確かに、患者さんの体制を変えたり、移動の介助という力仕事は、基本的に力のある男性が行ったほうが早いです。看護師として、頼りにされていると感じられたり、仕事と割り切れれば良いですが、中には損だと思う方もいるようですね。

男性は今まで女性の看護師がやらなければいけない仕事をやってもらえるので女性の看護師にとってはすごく助かる面もかなりあるようなんですね。しかし、看護師は男性が増えているといってもまだまだ女性の職場なのでたいへんなようですね。 😈

看護師は血管確保行っていますか?

看護師って診療科によって覚えなければならない仕事や、身につけなければならない技術が違ってくるといわれています。そのため仕事を覚えたり、技術を身につけるのが大変で、多くの新人看護師は就職してからかなり苦労するそうです。

そんなたくさんの仕事をこなす看護師ですが、看護師も血管確保を行うことがあるのでしょうか。調べてみると看護師が血管確保も行うことはあるようです。ただこの血管確保はかなり難しいらしく、新人の看護師が上達するためにはたくさんの経験を必要とし、なかなか上手くなれないと悩むことが多いそうです。

それでも、看護師の実力を上げるためにもしっかりと対策を行うのはとても重要なことなんですね。看護師の実力は病院によっても大きく変わってくるので自分のスキルを上げたいと考えている看護師はそのあたりを参考にしながら選ぶのがじゅうようです。